Preneur-Preneur

アントレプレナーやイントラプレナーのための情報サイト

PEST分析をわかりやすくイラスト解説してみました。

      2020/06/08

PEST分析の4つの環境要因

PEST分析は4つの要因について、自社に関わるマクロ環境を分類して分析するフレームワークです。それぞれについて押さえておきます。

PEST分析の4つの環境要因

Politics(政治的要因)

政治的要因とは、法律や税制、公的な支援制度や国際的な動向などを指します。市場競争の前提とも言えるルールそのものに多大な影響を与えます。
政治的要因としての法律や税制、公的な支援制度、国際的な動向は事業活動を制限することもあります。特に自社の業界に対しての規制などは一見ネガティブにとらえがちです。適切な対策で競合他社に対して優位に立つ可能性も秘めています。また、公的支援制度などはポジティブな要素として大いに活用したいものです。

Economy(経済的要因)

経済的要因では、景気や株価、物価また雇用情勢や賃金の動向などを分析します。
経済的要因では消費者の購買意欲・購買傾向に目が行きがちですが仕入れコスト、製造コスト、輸送コストや人件費などより具体的な戦略が必要とされます。イメージや雰囲気で社会全体の景気が良いように見えても、自社業界はその波に乗れていないことも考えられます。成長戦略の実施については、毛剤の動向をよく見極め適切なタイミングで戦略を立てる必要があります。

Society(社会的要因)

社会的要因では、人口の増減、世帯構成の変動、文化・流行、犯罪や地球環境などの社会問題、世論、教育、宗教などが影響します。近年、SNSなどの広がりにより人間関係のつながり方も変化してきました。
社会的要因は、生活者の購買活動に大きく影響を及ぼします。世の中のトレンドで、それまでの常識は通用しなくなることもあります。流れに乗って行くだけではなく、新たな流れを作り出す役割を模索するなどの方向性も見出せるかもしれません。

Technology(技術的要因)

技術的要因では、技術の進化やビジネスの自動化、特許など多様なビジネスチャンスをはらんだ市場環境を表します。
技術の進化は、あらゆる分野でビジネスチャンスを生みます。進化のスピードも一定ではなく、時に想像を超えた進化をもたらすこともあります。
そのため日々の情報だけではなく、開発途上の技術についても予測し対策していくことが求められます。次世代技術の出現やモデルチェンジなどタイミングを逃さず事業戦略を構築することで競合他社に差をつける好機ともなりえます。

まとめ

PEST分析を適切に行うことにより、自社を取り巻くマクロ環境に取り残されることなく事業戦略を推し進めていく気縁を作り出すことができます。
分析するだけにとどまらず自社の事業目標を、その都度より具体化していくことは新たな可能性も見いだすきっかけとなります。

 - イラスト解説

  • LINE