Preneur-Preneur

アントレプレナーやイントラプレナーのための情報サイト

ブレストでのファシリテーターの悩みとアイデアを出す基本的な手順

      2018/11/05

ブレスト時のファシリテーターの悩みあるある

「新規事業の企画を考えたいけれど、いいアイデアが浮かばない。」
ブレストやっても参加者からアイデアが出てこない。」
「ありきたりなアイデアしか出ない。」
「アイデアを出す人はいつも同じ人。幅広い意見がでてこない。」
ブレスト会議のファシリテーターを経験したことがある人なら、一度は経験したことがある悩みではないでしょうか?
今回は、ブレスト(ブレインストーミング)でアイデアがどんどん出てくるために、ファシリテーターができる取り組みについて、解説したいと思います。

アイデアがでてこない理由は、書き出さないから

ブレストしているのに参加者からアイデアが出てこないのは、ずばりアイデアを書き出していないから!
どんなアイデアでもいから、とにかく次から次へとどんどん書いてみんなに見せていけば、アイデアが出てこない会議とさよならできますよ。

というのも、アイデアが出てこないのには、いくつか理由があって、たとえば、頭の中にアイデアは思いついているんだけど、なんとなく自分から言い出しにくい空気を感じていたり、そもそもアイデアを思いつくための切り口が思いつかないなと思っていたり、といった理由があるものです。

そんな理由を解決するには、まずは自分の考えを書き出してみて、客観的に自分の考えを眺めることです。自分の考えを外から眺めてみることで、きっと新たな気付きを得ることができるようになるでしょう。
手を動かしていると、自然と頭も動いてきます。そうすることで、これまで思いもしなかったアイデアが生まれてくるはずです。

アイデア出しの工夫

ブレストでは、アイデアや自分の考えを文字として目に見える形にすることが重要でした。
そんなとき、付箋紙を使うことをお勧めします。
付箋紙を参加者に配って、アイデアをひとつずつ書いて、模造紙やホワイトボードに貼り出すといいでしょう。
自分のアイデアを書きだす作業をすることで、ほかの人の批判や意見に影響されずに、好きなように自分の考えを表現することができます。
また目に見えるようにして、共有することで、ほかメンバーのアイデアに便乗したり、いろいろなアイデアを組み合わせをしたりして、発想を広げることができます。

ブレストに必要なルールをつくろう

ちなみに、ファシリテーターとしては、 参加者にアイデアを思いついもらうだけでは、まだ役目をはたしていません。思いついたアイデアが出やすい雰囲気や空気を作る必要があります。そのためには、発言を否定しないことや、出されたアイデアを好意的にとらえてほめることが重要です。

たくさんのアイデアを出すためには、以下の4つのルールを守りましょう。

  • 批判厳禁アイデアの批判や評価をしない
  • 自由奔放どんなアイデアも歓迎する
  • 質より量多くのアイデアを出して拡散する
  • 結合拡張人の意見に自分のアイデアを付け足して、発想を広げる

ブレストでの付箋紙を使ったアイデア出しの基本的な手順

1. ホワイトボードなどの中央に議題を書く

ホワイトボードや大きめの模造紙を机に広げるなどして、ど真ん中にアイデア出しの議題を書きます。「○○するために、どうすれば××できるか?」といった風に、質問形式にして書くことがコツです。

2. 各自でアイデアを出す

まずは参加者全員が個人ワークで、議題に対するアイデア出しをします。
ポイントは、一つの付箋紙に、一つのアイデアを書くことです。議題の難しさにもよりますが、10分間のアイデア出しであれば最低でも一人5~10個程度はほしいもの。
質よりも量を重視して、アイデアの数を競争するのもいいかもしれません。
一般的なブレストの方法としては、参加人数が4人~6人で、アイデア出しに使う時間はおおよそ10分~40分といったところでしょうか。

3. 全員で自分のアイデアを貼る

全員が個人ワークでのアイデア出しが終わったら、次は、参加者に自分のアイデアを説明しながら、ホワイトボードなどに貼っていきます。場所は適当でかまいませんが、みんなに見えるように心がけましょう。

4. グループ化しながら、さらにアイデアを出す

似たようなアイデアを近くに集めるなどして、いくつかのアイデアの集団を作っていきます。そのグループに名前を付けるなどしているうちに、足りないグループが思い浮かんだり、別の視点での発見が生まれたりするはずです。
このような構造化の作業によって、各自の頭の中で、多種多様なアイデアが組み合わされたりするようになってきます。
新しいグループで、さらにアイデア出しをして、追記するなどして網羅性の高いアイデア出しができるようになるはずです。

 - ファシリテーター